• Raiki

旅するタンタラス -5/23のワンマンライヴについて書きました-

世間一般でいうところの夢という言葉があまり好みではない、というか適当じゃない場面で使われてるなぁ〜なんて思うことがありまして。

僕は夢というのを【目標】って言葉に変えてます。その方が叶いそうですよね笑

それでいうと僕には数々の目標があります。そのうちの一つで、遡ること5年前からずーっと掲げている目標があります。

それは

自分の曲を演奏してもらう上で納得のいくメンバーを見つけて、ワンマンライヴやることです。

今だから書けることかも知れないけど5年ほど前に当時在籍していたバンドを抜けて、V系やろうとして空中分解しました。

でもこれはV系がやりたかったわけではなくて、先程の目標を達成するためにまず通過しなければならない作業だと思ってたんですね。

まずは知名度がなければきっとうまくいかない。ひとたび何かで売れてしまえば、それをメインとしてその傍ら自分のやりたいことがやれると。

そうでもしないと自分のやりたいこと(まぁ今やってるソロ活動のことなんですが)は理解してもらうまでに相当な時間がかかるだろうと思いました。

でもそれは間違いでしたね。正直言ってめっちゃ売れようとしてました。そのために必要なことを片っぱしからやりました。全力でやったし金もかけた。そして振り向いたら当時のV系バンドのメンバーは誰もいませんでした。

あーもう最低だな俺って。

各方面からそれはもうかなりの苦言を頂きました。当たり前ですね。

失敗した理由はわかってました。そこに嘘があったから。

そして気づいたんですよねー。

信念を持って自分に正直にやりたいことをやれよって。

やるかやらないかじゃん?

自分の中のライキB(〜Dくらいまでいる)がそう言ってましたわ。

それから5年。ここまでまっすぐにただ真摯に自分の音楽に向き合いました。

まあ俺のキャラ的にね、誤解されることもよくあるんだけども。昔から根っこだけは全然変わってなくて。

俺は音楽がしたい。

じゃなきゃ3回もホームレスやってまで生きながらえるようと思わないしね笑

まぁコロナ?のタイミングは天命というかしょうがないことだけど、

自分の中でがっちり一つになったベクトルのたくましさに我ながら驚いてます。

多くの人に支えられて、多くの人に見守ってもらいながら遂に開催できることに喜びを噛み締めながら今、それはそれは素晴らしい5人のメンバーと仕上げています。本当に笑っちゃうくらい素晴らしい。

真摯に自分に向き合ってきた音楽を真正面で聴いてもらえませんか?

タイトルの"LISTEN TO THE MUSIC"はそのまんまの意味なんです。

ワンマンは定期的にやっていきます。興行的なことなんか知るか!その日見たもの聞いたものがすべてだ!

まだ席空いてるんです。良いものが見れますよ。保証します!

興味ある方ぜひご連絡を!




64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示